The Detective is Already Dead Wiki
Advertisement
The Detective is Already Dead Wiki

This is the first volume of the The Detective is Already Dead. light novel series.


Synopsis

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。

「君、私の助手になってよ」
――始まりは四年前、地上一万メートルの空の上。
ハイジャックされた飛行機の中で、俺は天使のような探偵・シエスタの助手に選ばれた。
それから――
「いい? 助手が蜂の巣にされている間に、私が敵の首を取る」
「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」
俺たちは三年にもわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げ――そして、死に別れた。
一人生き残った俺は、日常という名のぬるま湯に浸っている。
……それでいいのかって?
いいさ、誰に迷惑をかけるわけでもない。
だってそうだろ?

探偵はもう、死んでいる。

“You will be my assistant.”
During a plane hijacking four years ago, Kimitsuka Kimihiko wound up becoming the assistant to a beautiful detective named Siesta. The pair traveled the world, solving crimes and battling criminal organizations. Until Siesta died, anyway. Kimitsuka thought that would spell the end of his adventures and a return to ordinary life, but an encounter with a girl who bears an uncanny resemblance to Siesta suggests that fate has other plans.

Contents

【プロローグ】
【第一章】

  • ミステリの冒頭はおっぱいを転がせ
  • 助手と依頼人探偵は、不在
  • ねえ、この心臓、誰のモノ?
  • 無論デートなどではないわけで
  • お前の頭を吹っ飛ばす
  • いいえ、それは淫語ではなくて隠語です
  • 心臓、コウモリ 人造人間
  • お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?
  • ハイジャック犯VS名探偵
  • ミステリはSFファンタジーと共に
  • 今も、ずっと、憶えてる
  • 探偵はもう、死んでいる。

【a girl's monologue 1】
【2 years ago one day】
【第二章】

  • そうです彼女が自称さいかわアイドルです
  • 三十億の家宝を守り抜く簡単なお仕事
  • あたしは死なないから
  • 井戸端会議は終わらない
  • それが、唯にゃクオリティ
  • 決戦は日曜日
  • さふぁいあ☆ふぁんたずむ
  • スーパーアイドルは、かく語りき
  • その瞳に視えているもの
  • それはどんなアイドルよりも
  • 海に行こうと君が言ったから

【a girls monologue 2】
【l year ago one day】
【第三章】

  • 昨日の敵は今日も敵
  • ここは地獄、夢の国
  • だから俺は、探偵にはなれない
  • 十二時前のシンデレラ
  • 最悪が、はじまった
  • 三十億の秘宝の使い方
  • 希望の中の光
  • 夜空にはためく黄金色の旗印
  • Buenosdías
  • 君と過ごした、あの目も肢むような三年間は

【girls dialogue】

【エピローグ】


Characters (In Order of Appearance)

Illustrations

To view illustrations, click [Expand]

Site Navigation

Advertisement