The Detective is Already Dead Wiki
Advertisement
The Detective is Already Dead Wiki

This is the second volume of the The Detective is Already Dead. light novel series.

Synopsis

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。

シエスタを失ってから一年が経ち、夏凪や斎川と出会い、シャルと再会した俺は、ある日、彼女たちとともに《シエスタ》に誘拐される。
そこで語られるのは俺が『忘れている』らしいシエスタの死の真相。
探偵と助手の長くて短い旅の記録。
地上一万メートルの上空で始まる少年と少女の冒険譚だった。
「君たちには、どうか見届けてほしい。私が挑んだ最後の戦いを──」
そうしてシエスタは告げる。
まだ誰も知らない真実を。

どうして探偵がもう、死んでいるのかを。

While on an outing one day, a woman who looks exactly like Kimitsuka Kimihiko’s dead mentor, Siesta, kidnaps the former detective’s assistant and his three friends! There, she reveals a long-forgotten truth about Siesta's death. Will this be the clue that finally unlocks the secrets of his past?

Contents

Characters (In Order of Appearance)

Illustrations

To view illustrations, click [Expand]

Site Navigation

Advertisement